旦那、爬虫類飼うってよ。

~ぼっちの奥さん、ストレス日記~

旦那、生きたコオロギを買う。 ~コオロギ脱走事件~

前回のお話からさかのぼること数日。

冷蔵庫を設置し冷凍コオロギを買う前に

実は大変な事が起きていた。

それは・・・

コオロギ脱走事件

である。

 

ベルちゃんお迎えと同時に

旦那は、生きたコオロギも

一緒にお迎えしていた。

ベルちゃんをお迎えしてからは

まず、新しい環境に慣れさせるため

エサは生きたコオロギが必要とのこと。

必要と言われれば仕方がないが

私は不安であった。

 

 

生きたコオロギをベルちゃんに与える際は、

喉に引っかからないように

コオロギの足を取ってからあげるらしい。

旦那曰く、その足を取る作業が大変とのこと。

(生きてるからな)

その足を取る作業中、事件は起きた。

 

一方、その日は

私と娘で実家に遊びに行っていた。

そろそろ帰ろうかと思っていた矢先

旦那からの着信が。

 

もしもし

どうしたの?

 

ごめん。

コオロギ1匹いなくなった・・・

部屋のどこかにはいると思うんだけど。

探しても見つからなくて。

 

私は絶句( ゚Д゚)

 

早く見つけてよ!

見つかるまで家に帰らないから!!

 

と電話を切った。

 

無理無理無理無理。

だから生きたコオロギは嫌だったのに。

私が恐れていたことが起きてしまった。

コオロギがどこに潜んでいるかもわからないのに

家に帰って安心して寝れるわけがない。

娘もいるのに。

見つからなかったら

本気で実家に泊まろうかと思った。

 

数十分後。

旦那からLINE。

 

コオロギ見つかった!!

部屋のドアの近くにいたよー。

 

私は、ようやく娘を連れて自宅に戻った。

 

帰って来てから今回の件について

旦那に強く抗議した。

ドアの近くにコオロギいたって言ってたけど

一歩間違えればもう部屋から出てたじゃん。

部屋から出てたらどうなってたかわかってる?

もうこの家では寝れなかったよ!

 

旦那もかなり焦ったらしく

コオロギを探し回り疲れ切っていたようで

もう生きたコオロギは嫌と言っていた(笑)

今いるコオロギたちがなくなったら

冷凍コオロギと人口フードに変更するとのこと。

そうしてくれるとありがたい。

コオロギ脱走は、二度とあってはならない。

今回の出来事は、旦那が爬虫類を飼い始めてから

私が本気で嫌になった事の1つでした。

 

つづく

 

 

コオロギ怖いです。

なんであんなに跳ねるんでしょう。

でも、多くの爬虫類は

コオロギをエサとしていますもんね。

旦那はコオロギの他にもゴミムシダマシの幼虫で

ミルワームというのを飼っています。

(亀3匹のエサです)

ミルワームは脱走することはないので安心ですが

幼虫ですから、うにょうにょしていて

気持ち悪いです(*_*)

私は、極力見ないようにしています。

爬虫類は飼ってるけど

虫は苦手な方っていますか?

爬虫類を飼い始めると

虫にも慣れてしまうのでしょうか?

良い意味でも悪い意味でも慣れって怖いですね。