旦那、爬虫類飼うってよ。

~ぼっちの奥さん、ストレス日記~

ミツユビハコガメ

みなさん、こんにちは!

 

先に言っておきます。

こちらが第2の亀

ミツユビハコガメ みつ子です。

 

www.youtube.com

 

 旦那は調子に乗って

また、亀を増やしていたのであった。

ミツユビハコガメって

かなりお値段しますね(T ^ T)

そう思うのは私だけでしょうか?

亀の相場がよくわからない・・・

 


それにしても

爬虫類苦手な私ですが

みつ子は、なかなか可愛い顔をしている。

写真は怒ってるような顔してますが

正面から見たら可愛いですよ。

まだ、赤ちゃんの亀なんだそう。

身内からの評判も良く

旦那もみつ子をとても可愛がっていた。

 

 

 

しかし、別れは突然訪れた。

 

 


数ヶ月たった、ある日。

旦那が仕事に行っている間に

みつ子は静かに亡くなっていたのだ・・・

 


数日前からみつ子の様子がおかしかった。

旦那もひどく心配していた。

その事をYouTubeで報告し

視聴者さんからアドバイスを頂いたり

旦那なりに原因をいろいろ調べ

なんとか元気を取り戻して欲しいと

必死に頑張っていた。

 

だが、旦那の努力も虚しく

みつ子は旦那のいない間に

ひっそり息を引き取っていたのだ・・・

 


旦那は相当ショックを受けていた。

しばらく元気がなかった。

こんな時、どんな言葉をかけていいかわからず

私は、しばらく見守る事にした。

 


みつ子の死は

私にとっても突然の出来事だった。

旦那の事も心配だったが

(旦那はメンタルが弱い)

(そしてガラスのハート)

 

私は内心、今回のみつ子の事で

旦那が、これ以上

爬虫類を増やすのをやめるかもしれない。

密かにそう思っていた・・・

 

 

 しかし、数日後。

私の密かな思いは呆気なく散った。

旦那は、私の想像を超えていたのだ。

 

Amazonで亀の飼育本を買い、読み漁る毎日。

ネットで亀について検索しまくる日々が続いた。

 


赤ちゃんの亀を育てるのは大変らしい。

お迎えしたのが寒い時期で

環境設備を整えてあげられなかった。

いろいろと準備が甘かった。

 

などと自分で分析を始めた。

自分の知識の無さを痛感したようであった。

 

みつ子の死を無駄にしないために・・・

今、飼育しているちょこ丸のために・・・

今度お迎えする新しい亀のために・・・

 


新しい亀⁉︎((((;゚Д゚)))))))

 


そう、旦那は諦めていなかった。

むしろ、みつ子の死が

より旦那の爬虫類熱を上げてしまったのだ!

 


みつ子よ・・・

君のおかげで、旦那は

より爬虫類の高み

目指す事になったようだ。

 


この先、私達の生活は爬虫類たちによって

いったいどうなってしまうのか。

私は不安でたまらなかった・・・

 


つづく

 

 

 

みつ子は亀さんの中でも

顔が1番可愛いかったですね(^-^)

まさか、こんなにすぐ

お別れが来るとは思いもしませんでした。

私も少なからずショックでした。

 


どんな生き物も

飼い主には必ず責任があります。

みつ子とのお別れで

改めて考えさせられました。

 


みつ子、短い間だったけど

ありがとう。

f:id:bocchi-no-okusan:20200927225155j:plain